熱中症か生徒14人搬送、北海道
2017/07/14

 14日午前、北海道北見市の北見工業高校で、生徒が吐き気やめまいなど熱中症の症状を訴え、1~3年生の男女計14人が病院に搬送された。いずれも意識はあり、重症者はいないという。

 北見地区消防組合や学校によると、当時は学校祭が開かれており、生徒らは屋外でリレーや障害物競走などをしていた。

 網走地方気象台によると、北見市では午前中に気温が30度を超え、午後2時すぎには35.5度まで上昇した。