子産めるがん治療へ学会が指針
2017/06/19

 日本癌治療学会は19日、若いころにがんになっても治療後に子を持つ可能性を残す具体的な方法を示した初の指針をまとめた。卵子の凍結保存など生殖能力を残す方法を治療の選択肢として普及させるのが狙い。患者には治療で不妊となるリスクも正しく伝える。指針は7月下旬から書店などで販売、医師に活用を求める。

 国内では40歳未満でがんと診断される人は年間2万人に上る。抗がん剤や手術などの治療で、将来、子を持てなくなる恐れがあるが、患者に情報が十分に伝わっていないという問題がある。