難治血管炎のブレーキ特定
2017/04/18

 全身の微小な血管に炎症が生じる「ANCA関連血管炎(AAV)」発症のブレーキ役となるタンパク質を特定したと、大阪大のチームが17日付の海外の学会誌電子版に発表した。新たな治療薬開発につながる可能性がある。

 AAVは顕微鏡的多発血管炎など、血中にANCAという抗体ができる難治性疾患の総称。白血球の一種である好中球が異常に活性化することが原因と考えられているが、詳細は不明。国内患者は約1万人とされ、発熱や体重減少のほか重い臓器障害を生じ、死に至ることもある。