ホーム医療サポート > ORCAプロジェクト

ORCAプロジェクト

オープンソースなレセコンソフトを無料で配布するプロジェクト

OMCは、日医総研が推進するORCAプロジェクトの普及を支援

ORCAプロジェクトとは

ORCAプロジェクトとは、日本全国すべての医院、医療機関で、だれでも自由に使い、 しかも改良できるオープンソースなレセコンソフトを無料で配布するという壮大なプロジェクトです。

OMCでは、2001年11月、日本医師会の「日医IT化宣言」に基づく「Online Receipt Computer Advantage」つまりORCAプロジェクトに賛同し、その普及に取り組んでいます。

日医標準レセプトソフト

ORCAプロジェクトの推進に伴って既に2002年2月より、「日医標準レセプトソフト」と呼ばれる無償のプログラム、 データベースが公開提供され、全国各地の医療機関で活用されています。このソフトは適宜更新されますが、日常の利用に当たって特に技術や知識は必要ありません。

日医総研日医IT認定制度

日医総研では、このORCAシステム=日医標準レセプトソフトを導入・活用する際、安心してサポートを任せられる事業所を選定しています。 OMCを通じてお好みの事業所をご指定ください。

日医IT認定事業所

日医標準レセプトソフト ORCA SYSTEMのメリット

多くの機能が標準装備、導入後にかかるコストが違います

  • 改正時のプログラムおよびマスターの更新はインターネットを通じて無償で提供されます
  • 自動バックアップ機能で大事なデータを守ります
  • 労災保険、自賠責保険を標準で装備しています

このページのお問い合わせ

このページに関してのご質問やお問い合わせは購買1課が承ります。
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせは

購買1課

06-6768-2072

WEBでのお問い合わせは

ORCAに関する問合せフォーム
各種相談はこちら
カタログ・パンフレットはこちら