お問合せ・資料請求

開業までの流れ

01 開業計画

開業することを決心する際にどのような診療を目指すのか、コンセプトを事前に決めておくことが重要です。どの地で開業するのか、どんな医療機器が必要なのか、できるだけ具体的に計画を練りましょう。

02 開業地・物件の選定

開業計画を元に、どこで開業するかをじっくりと考える必要があります。出身地やビジネス街、テナントや戸建など、自分が理想としている開業地や物件をできるだけ具体的にイメージして探しましょう。

03 事業計画・資金調達

開業後の事業計画をしっかりと見定め、収支計画や資金繰りをシュミレートしましょう。自己資金だけで賄うことが難しいのであれば、資金調達のため金融機関などから融資を受ける必要があります。

04 建築・設計・施工・管理

専門家の意見やアドバイスを元にどのような建物や内装にするかを決めましょう。ご自身やスタッフが使いやすい空間であると共に、来院する患者様にも満足いただける空間づくりを心掛けましょう。

05 医療機器・事務機器の選定

診療を行う上で必要となる医療機器や事務機器を選びましょう。大型の医療機器や設備は、あらかじめ医院の設計を考えるタイミングまでに選定しておくと、建築や内装を円滑に進めることができます。

06 スタッフ募集・面接・研修

気持ちよく診療を行うには、従業員スタッフとの信頼関係やチームワークが大変重要です。診療に対する考え方や方向性をしっかりと理解し、共に支え合っていけるスタッフを探し、事前に教育しましょう。

07 広告・PR

地域の方々に開院を知っていただく必要があります。広告やPRには様々な手段があり、それぞれに特徴がありますので、専門家に相談し、事前に理解して貴院に合った効果的な広告展開を行いしょう。

▲ ページのトップへ